ダイエット目的でトレーニング 大事なのは「きつさ」or「時間」!?

ダイエット

ダイエットをしたい人で

トレーニングを始めようとしているあなた

せっかくトレーニングするなら

ちゃんと痩せたいし、リバウンドしたくないですよね?

 

では、そうするためには

何を第一に考えるべきでしょうか?

 

結論から言うと

「運動する時間をどれだけ確保し続けるか」

を考えましょう。

 

当たり前では?と思いがちですが

きつい運動を頑張るよりも

運動時間を長く確保する方が

痩せるためには大事で

さらにリバウンドも起こりにくいようです。

 

では、具体的にどれくらいの時間を確保したら良いのか?

ここからは過去の研究を交えてご説明します。

 

少し古い研究なのですが、

2003年のJAMA(米国医師会雑誌)に掲載されたJohn M. Jakicicらの研究では

①きつくて(激しくて)長い時間運動するグループ

②きつくて短い時間運動するグループ

③適度なきつさで長い時間運動するグループ

④適度なきつさで短い時間運動するグループ

4つのグループに分かれて

食事制限をしながら運動を6ヶ月間続けたらどうなるかを検証しました。

 

皆さん、どのグループが一番痩せたと思いますか?

 

結果は

グループ別では、平均値を比較すると

①、③、②、④の順に痩せていたのですが、

グループ間に有意な差は見られなかった(簡単に言うと、大した差はなかった)のです。

 

しかし、面白いことに

運動したきつさに関係なく

運動をした時間が

A.週あたり150分未満の人

B.週あたり150分以上の人

C.週あたり200分以上の人

D.その他(運動時間にバラつきがあった人)

4グループに分けた結果

運動時間が長いグループほど痩せていることがわかりました。

(CBDAの順に痩せてました)

 

また、6ヶ月間のトレーニングが終わった後

さらに6ヶ月後に再度測定した結果

運動時間が長いグループほどリバウンドもしていなかったのです。

(Cはさらに痩せて、Bは体重維持、DAはリバウンドしていました)

 

結果をまとめると

・痩せる上で大事なのは運動時間を長くすること

・リバウンドしないためには運動時間を確保し続けること

・週あたり150分以上の運動を続けるとリバウンドしにくい

という可能性が示唆されました。

 

もちろんこの研究結果は、個人個人のデータを示すものではなく、

200名近くの人数で見た時の傾向を示すものなので、

100%そうなるという話ではありません。

 

加えて、この研究の対象者は、座位中心の生活をしている過体重の女性なので

普段から日常生活でアクティブに動いている人や

すでに痩せている人が

週あたり150分未満しか運動していない場合もリバウンドするかと言うと

そうではないこともあると思います。

 

そうは言っても、現代社会では

デスクワークの仕事が多く

座位中心の生活を送っている人は

少なくないはずですので

ダイエットをしたい人は

参考にしていただけたら嬉しいです。

 

それでまた次回の投稿をお楽しみに!

参考文献

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/197256

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧

関連記事はありません。